パリ美容留学

パリの生活

 

治安:

パリは日本の大都市に比べて物乞い・スリ・置き引きなどにあう確立が高いと考えておくべきです。被害の多くは旅行者で、観光地内の人ごみや駅構内などが狙われやすい場所として注意が必要です。不案内な地域での人気のない場所、深夜の一人歩きなどは避けましょう。

 

気候:

東京に比べると、一年を通してやや気温は低め。春は肌寒いですが、夏は快適で湿度も低く、過ごしやすいでしょう。秋は短く、夏のあとにすぐ冬が来るという感じです。暖房設備は整っているので、冬は寒いけれども過ごしやすいでしょう。日本とフランスとの時差は夏時間7時間、冬時間8時間後になります。(春秋の中ごろで変更されます。)

 

食事:

食の都パリには、世界各国のレストランがあり、さまざまな食事を楽しむ機会があります。高価なレストラン以外にも手軽なインビス(軽食スタンド)、中華、イタリアン、和食のテイクアウトもあるので、適宜利用すると便利です。もちろん、自炊をするのが一番経済的です。

 

在留邦人:

パリ市内および近郊には、併せて推定3万人の日本人が住んでいると言われています。その多くは学生として滞在しています。

 

パリの交通機関:

パリ市内にはMETRO(地下鉄14路線)・RER(高速郊外地下鉄5路線)・市バスなどがあります。縦横無尽に走るメトロを利用するのが一番便利でしょう。

 

日本から持ってくるとよいもの:

風邪薬、胃腸薬、目薬、仏和辞典など、サロンで働いている自分の写真

 

FOYER(寮) :

受講生はパリの滞在地として学生*学生寮の部屋数に限りがあるため、希望者は早めの予約が必要です。寮を利用することができ、 また寮生は住居手当を申請することができます。